春先から初夏にかけての結婚式に似合うフラワーコーディネートとは?

微笑むように咲く花をたっぷりと

やっと暖かくなって、さまざまな花々がいっせいに咲き始める3月ごろの結婚式ではグリーンを飾ることの多いテラリウムに可愛く咲くスミレをアレンジしたウェルカムフラワーを置いてみましょう。春の花とモスを組み合わせてナチュラルにアレンジし、取り付けたウェルカムカードも色を合わせておしゃれに演出しましょう。春の日差しの中、笑顔いっぱいのウエディングとなるでしょう。また、サーモンピンクのスイートなバラに黄色のパンジーとビオラのブーケは春の訪れを感じさせてくれますよ。

色鮮やかな花をウエディングに

4月の結婚式ではヨーロッパでは春を告げる花として人気のミモザやマトリカリアなどの可愛い小花たちを使いましょう。輝くようにたくさんの黄色い花をつけるミモザは春爛漫のガーデンウエディングで持つブーケに使うといいででょう。愛らしい花嫁にぴったりのコーディネートですよ。また、ガーベラやマトリカリアを使い人気のプロップスを作製しても面白く、小花で作ったメガネや蝶ネクタイなど自由なアイディアで楽しんでみましょう。より一層キュートな花嫁に仕上がりますよ。

さわやかな季節にふさわしく

春から夏への季節の移り変わり時期でもある5月はさまざまな花が咲き誇り、ガーデンウエディングはもちろん、海や高原でのリゾートウエディングにも絶好のシーズン到来です。一年で一番気候のいいさわやかな5月の花嫁には、フレッシュで個性的なアレンジが似合いますよ。5月の真っ青な空にぴったりなキングプロテアやリューカデンドロン、羽根を組み合わせた個性的なトロピカルブーケがいいでしょう。また、デザートブッフェのコーナーもマカロンと同じ色合いのバラをカップケーキ型にアレンジしてもかわいいですよ。

長崎の結婚式場のサポートの特徴は、大手の情報誌に詳しく掲載されており、リーズナブルなプランや演出の豊富さが魅力です。

個性派ブーケで記憶に残る結婚式をしよう!

まるでおもちゃのステッキ?

結婚式や披露宴用のグッズのお店では、初めて見かけるような物まで売られていますよね。ブライダルグッズの世界は奥が深いのです。ブーケの他に何か変わったものを持ってゲストを驚かせたい!という人にいいのがブライダルステッキです。まるで女児向けの玩具を大人向けに洗練させたようなデザインは女子受けも抜群!花がたくさんあしらわれているタイプはフラワーステッキとも言います。こちらはステッキ型のブーケと言ってもいいかも。

一輪だけでもインパクト大

一輪だけのブーケというと、メリアブーケがありますよね。たくさん花びらを増やして加工することで一つの大きな花が出来上がるのです。一輪だけの大きなお花を使ったシンプルでいながら、インパクトが抜群のブーケは海外でも流行しています。海外ではダリアや芍薬、マグノリアなどを使います。見た目がユニークでギリシャ神話から命名されたプロテアの一輪ブーケもかなり個性的ですが、花嫁衣装には意外なほどよくマッチするんですよ。

他にも様々なブーケがある

ブライダルシーン以外でもイベントなどでよく登場する、すべて飴で作られているキャンディブーケは自由度の高いハウスウエディングや二次会にいいですね。ブーケの形も花束のような形からバッグやパラソルなど、従来の形にとらわれないものがどんどん登場しています。和婚用のブーケも違和感がないですよね。これからもっと斬新なブーケや、ブライダルステッキのようなブーケ以外の花嫁専用のファッションアイテムが生み出されるかも!?

結婚式場を神奈川で探すなら、横浜エリアがおすすめです。遠方のゲストも新幹線で行きやすいですし、海の見えるロケーションなど、魅力的な式場が多いです。

究極のナチュラルスタイル!グリーンを主役でスタイリッシュに

ガーデングリーンでスタイリッシュに

野に咲く花や植物を摘んでざっくりと束ねたようなみずみずしいグリーンを主役にしたブーケはガーデンなど自然あふれるアウトドアな結婚式にぴったりでしょう。数種類の個性が異なるグリーンを合わせてニュアンスを出していけば自然体でいながらスタイリッシュな花嫁姿へと導いてくれますよ。たとえば森のしずくなど緑のトルコギキョウやアナベル、クレマチスなどを無造作に束ねたナチュラルスタイルは吹き抜けていくそよ風を思わせるすがすがしさを表現できるでしょう。

やさしい太陽の光の下で

緑のアジサイに白のフランネルフラワーを寄り添わせ、ビバーナムをあしらったブーケは緑あふれる森の中、純白のウエディングドレス姿の美しさをより引き立ててくれるでしょう。やさしい太陽に照らされて森に舞い降りた天使のようなたたずまいをイメージして同種の花材でつくった花冠風のヘッドコサージュをコーディネートしましょう。また、バラやビバーナムなど野原から摘んできたような小花をぎゅっと集めた純真で可憐な花あしらいのブーケも、フレッシュなパワーが初夏のガーデンウエディングにはぴったりでしょう。

グリーンとイエローのコントラストで

多肉植物にステルンクーゲルなど個性的なグリーンの中に黄色のバラを加えることで愛らしく華やかさのあるブーケになるでしょう。同種のヘッドコサージュを左右非対称につけると可愛らしいですよ。グリーンとイエローの色のしらべがさわやかでプレイフルなオーラを放ってくれますよ。また、身にキャベツのような緑色のバラにイエロー色のフレッシュなバラだけを加えたものも始まりの日にふさわしいブーケになり、ナチュラルスタイルがよく合うでしょう。

太田での結婚式場の選び方について知りたいことがあれば、ブライダルフェアの機会に担当者と話し合いましょう。

絶対に失敗しないために!プロポーズの秘訣とは

絶対失敗できない!分かりやすいプロポーズを

大切な人と結婚したい!そのためには、プロポーズする事が大切です。しかしどのようにプロポーズすれば良いのか、どんなサプライズを演出すれば良いのかなど簡単には計画が立てられませんよね。まず、プロポーズに大切なのは「今プロポーズをしています」と、相手に理解してもらう事です。無理に凝った演出をした結果プロポーズをしている事に気づかれていなかった、となっては台無しになってしまいます。基本として、相手が理解できる状況を作り出す必要性があります。

気持ちを伝える!心に残る言葉とは

最高級のディナーに誘った後だとしても、婚約指輪を贈った後でも。必ず相手には結婚したいという言葉を伝える必要があります。遠回しに伝えるのか、直接的に伝えるのかは人それぞれ違いますが、まず自分が相手をどれだけ大切にしているかを伝えましょう。時には変な言い回しで伝えるよりも、簡単な言葉のほうが心に残る場合もあります。なかなか良い言葉が思いつかないと悩んでいる時は、逆に自分の一番伝えたい言葉だけをぶつけてみるのも良いかもしれません。

場所と状況も大切!タイミングを考えよう

日取りを決め、いざプロポーズをしようと決断した時。その日がどのように流れるのか大まかなイメージを作る事も大切です。例えばディナーに誘い、その帰りにこの場所でプロポーズをする。買い物を楽しんだ後、自宅に呼んでプロポーズするなど簡単なイメージでも良いですね。しかし、例えば屋外でプロポーズしようとしたら雨が降ってきた、渋滞でイライラした後だった、など不測の事態が起こる可能性もあります。余裕があるのならば、そういった時は別の日にプロポーズできるようにしておくなど準備をしておくと万全ですね。絶対に失敗できないプロポーズだからこそ、何度も計画を見直しながら、確実に成功させるようにしましょう。

プロポーズは人があまりいない場所でやると雰囲気が出ていいです。人が多すぎると冷やかしなどもあるので、あまりおすすめしません。